お電話はこちら

MENUCLOSE

スタッフ紹介

互いの専門性を尊重し、
協力し合う
質の高いチーム医療

地域の皆さまのお口の健康をお守りするため、
香川県高松市の歯医者 いろのみ歯科では、歯科医師や歯科衛生士など各分野の専門家が連携して
医院全体で患者さまに向き合うチーム医療を行っています。

  • *
  • *
  • *
  • *
DOCTOR
*
*
前田直人

地域の皆さまが
安心して
通いつづけることができる
歯科医院を

高松市新田町の歯医者「いろのみ歯科」の院長 前田直人と申します。
私は長年岡山大学病院に勤務し、被せ物・入れ歯・インプラントといった補綴(ほてつ)治療を専門としてきました。大学病院で学び身につけてきた専門性の高い治療を、出身地である香川の皆さまに提供したいという思いを抱き、いろのみ歯科を開業しました。

歯は心身の健康と深い関わりがあります。来院してくださる皆さまが生涯にわたって健康に笑顔で過ごせられるお手伝いができれば大変嬉しく思います。
赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、お一人おひとりの口腔内環境・生活習慣に合わせた知識と医療を提供し、地域の皆さまに末永く愛される歯科医院となるように努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

profile

  • 略歴
    • 2000年香川県立高松高等学校 卒業
    • 2008年鹿児島大学歯学部歯学科 卒業
    • 岡山大学病院 研修医
    • 2013年岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 博士課程修了
    • 2014年岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科
      咬合・有床義歯補綴学分野 助教
    • 2021年いろのみ歯科 開業
  • 資格・所属
*
*

当院の基本理念

PHILOSOPHY

*
*

お口の病気が全身疾患の原因に!?

歯の健康は、お口の中だけの問題に留まらず、全身の健康や健康寿命にも影響します。
お口の病気や歯の損失は様々な全身疾患のリスクを高め、
QOL(生活の質)の低下を招く可能性があるのです。

  • 健口寿命
  • *
  • 健康寿命

お口の健康を通して
心と体の健康を応援すること、
これが当院の基本理念です

  • 噛める歯を
    求める方へ
    *

    しっかり噛めて長持ちする
    補綴物をご提供

    詰め物・被せ物や入れ歯など、補綴物の質によっては虫歯の再発リスクが高くなったり、作り替えの頻度が高くなります。再治療を繰り返すことでどんどん歯が弱っていき、いずれ歯を失うことに…。そんな事態を防ぐため、いろのみ歯科では日本補綴歯科学会専門医が高い機能性と適合性、審美性をそなえた質の高い補綴治療を行います。

  • 美しい口元を
    求める方へ
    *

    あなたの明るい笑顔のために

    人前で口元が気になって手で隠してしまう、大きく笑うことができないなどのコンプレックスを抱えていませんか?お口の悩みが原因で表情が暗くなり、性格が内向的になったり人前に立つのがストレスになることも。人とのコミュニケーションで好印象を与えるのは明るい笑顔です。自信をもって人前で笑顔になれるようサポートしていきます。

  • お子さまと
    ご家族さまへ
    *

    お子さまの今と未来を守るために

    子供の時に「歯医者さん=怖い、イヤな場所」と思ってしまうと、大人になってからも歯科から足が遠のき、虫歯などを放置したりすることにもなります。お子さまが自身のお口に関心を持ち、自らすすんで歯科医院に通うことができるよう、お子さまの成長や年齢に合わせた丁寧で優しい治療を行います。

  • ご年配の方へ
    *

    オーラルフレイルを防いで
    QOLの向上を

    食べこぼしが増えた、滑舌が悪くなった、食事中によくむせる…など、ささいなお口の衰えが原因で身体まで衰えてしまうことをオーラルフレイルといいます。噛む力が衰えることで食欲が低下し、栄養不足から身体が弱って外出も減り、衰えは増す一方です。健やかで自立した暮らしを長く保つためにも、お口の健康管理は必須です。

  • 歯を失った方へ
    *

    歯を失ったままでは
    様々なリスクが

    歯には1本1本重要な役割があり、抜けたまま放置していると、噛み合わせが悪くなりお口の機能が低下してしまいます。また、歯の本数が少なくなってて噛めなくなると、脳への刺激が減って認知症になりやすくなるという研究結果も明らかになっています。万が一歯を失った場合は症状などに合わせて適切な治療法で欠損を補います。

  • 歯を
    失いたくない方へ
    *

    削って詰めての繰り返しは
    もうおしまい

    歯は一度削ると二度と元に戻りません。治療のために歯を削って被せ物や詰め物をしても、それを永久的に使い続けることはできませんし、そもそも虫歯や歯周病にならなければ歯を治す、削る必要はないのです。痛くなったら削って治療、ではなく、痛くならないように定期的にメインテナンスを行うことを大切にしています。

STAFF
*
スタッフ一同、いつも笑顔で
皆さまのご来院をお待ちしております
*
*
女性歯科医師も在籍
*
  • 診療カレンダー
  • お知らせ
  • ブログ
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る