お電話はこちら

MENUCLOSE

診療案内

歯周病治療

歯を支える周辺の組織(歯周組織)を破壊していく歯周病は、
成人の約80%は感染していると言われ、日本人が歯を失う原因の第1位です。
お口の問題に止まらず、糖尿病や心筋梗塞をはじめとする全身疾患とも密接な関係がありますので、
予防・早期発見のためにも定期的に歯科医院でのメインテナンスをおすすめします。

実はあなたも歯周病かも

歯石と歯垢がたまり歯槽骨で歯を支えられずグラグラに…

ほとんど自覚症状がないまま進行する恐ろしい病気
お口のケアを怠ることで蓄積される歯石や歯垢、これらはプラークと呼ばれる細菌の塊です。歯周病はこの細菌に感染することで起こる、歯やその周りの歯周組織の慢性炎症性疾患のことです。
最初は歯茎に炎症を引き起こす「歯肉炎」から始まり、痛みや目立った症状もないまま歯槽骨(歯を支える骨)などの歯周組織を破壊する「歯周炎」へ進行し、歯槽骨の破壊が進んで最終的に歯を支えられずに抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。痛みなどがないため、なかなか自分で気づくことができず、たった1本の歯周病が気づかないうちにお口全体に広がって気づいた時には手遅れになっていることも。
そうなる前に、高松市新田町の歯医者 いろのみ歯科では、定期的な通院で歯周病の治療・予防に取り組むようご案内していきます。
歯周病とは無縁と思っている方も
歯周病の症状をチェック
*
  • 歯と歯の間に食べ物がよく歯に挟まる

  • 朝起きるとお口の中がネバネバしている

  • 口臭がひどくなったり、指摘された

  • 歯茎が下がってきたように見える

  • 歯を磨いた時に歯茎から出血する

  • 歯茎が赤く腫れたり、時には膿が出る

  • 歯がぐらぐらしたり浮くような感じがする

  • 硬いものが噛みづらい、噛むと痛い

一つでも当てはまる方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!

全身疾患との深い関係

糖尿病・早産・低体重児出産・骨粗しょう症・認知症・肺炎・動脈硬化症・心内膜炎

歯周病はお口の中の問題に止まりません
歯と歯茎の間にある歯周ポケットには、常にたくさんの細菌が存在しており、歯周病により歯茎に炎症が起きてしまうと歯肉を通して歯周病菌が体内に侵入してしまうことがあります。その細菌が血流に乗って全身に回ることで、糖尿病や動脈硬化、心臓疾患、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしたり、悪化させる原因になることが近年の研究で明らかになっています。さらに、妊婦さんの場合は胎盤を通じてお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼし、早産や低体重児出産を引き起こす可能性もあります。
また、大部分の歯を失ってしまうと認知症や抑うつを発症しやすくなるという報告もあり、歯を失う原因の多くを占める歯周病は特に注意が必要です。
  • *

    糖尿病

    糖尿病を患う方は免疫抵抗力が低下しているため歯周病になりやすいというのをご存知でしょうか。また、歯周病が重症化している方ほどインスリン抵抗性が高まり、血糖値が上昇しやすくなります。糖尿病の治療で歯周病が、歯周病の治療で糖尿病が改善されたという報告もあり、この二つの病気には密接な関係があると言えます。
  • *

    動脈硬化・心臓疾患

    歯茎の血管から歯周病菌が体内に侵入することで動脈を詰まらせる原因になることがあります。また、歯茎の炎症によってできる物質が心臓の血管を刺激し、心臓疾患を引き起こすとも言われます。
    心臓の内側の膜(心内膜)や弁膜に細菌が感染して炎症を起こす「感染性心内膜炎」の原因にもなります。
  • *

    早産・低体重児出産

    歯周病を起こす細菌の中には、女性ホルモンを栄養としている細菌もあり、妊婦さんは特に注意が必要です。歯周病による早産や低体重児出産の危険性は非常に高く、飲酒や喫煙、高齢出産の約7倍ものリスクがあると言われます。
    いろのみ歯科では妊婦さんの歯周病チェックも積極的に行っております。

歯周病の治療について

  • *

    軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合
    スケーリング
    軽度の歯周病の場合、専用の器具で歯垢や歯石を除去する「スケーリング」で改善することができます。ご自宅でのセルフケアでは取りきれないお口の中の細かい隙間など隅々までクリーニングしていきます。
    蓄積した汚れをしっかりと取り除くことで、歯周病の進行を抑制したり予防の効果もあるため、定期的に受けることをおすすめしています。
  • *

    中度歯周病(歯周炎)の場合
    ルートプレーニング
    歯周病が中度まで進行してしまうと、歯と歯ぐきの境目の奥深くの根(ルート)にも歯垢や歯石が付着している状態になります。その場合はスケーリングと合わせて「ルートプレーニング」という治療も行います。
    ルートプレーニングでは、歯周病菌に感染してしまった歯質を削り取り、表面を滑らかに整えるため、歯の表面がツルツルになり歯垢などの汚れが付着しにくくなります。
  • *

    重度歯周病(歯周炎)の場合
    歯周外科治療
    スケーリングやルートプレーニングでは汚れがとりきれないほど歯周病が重度まで進行してしまった場合、歯茎を切開してクリーニングを行う外科的な処置が必要になる場合があります。また、歯周病により溶けてしまった骨の回復を図る歯周組織再生治療や、腫れが引かなくなってしまった歯茎の除去など、症例に合わせて適宜対応していきます。

歯周病はまずは「予防」、
なってしまったら「早期治療」を

*
歯周病の治療の発達により、重症化しても回復を図ることが可能になりましたが、身体に負担をかけない一番の方法は歯周病にならないように予防・メインテナンスをすることです。毎日の歯みがきに加え、数ヶ月〜半年に1回は歯科医院でお口のクリーニングを行い、お口の清潔を保つようにしましょう。
高松市屋島近くの歯医者 いろのみ歯科では、歯科衛生士によるお口のクリーニングや口腔内の健康チェック、正しい歯みがき方法の指導などを通して、患者さまの健康なお口をサポートしています。
  • 診療カレンダー
  • お知らせ
  • ブログ
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る